RSS | ATOM | SEARCH
七夕会

こんにちは。

 

7月5日(金)に七夕会を行いました。

七夕に向けて各クラスで飾りを作ったり、おうちの人と一緒に短冊にお願いごとを書いたり

少しずつ準備をしてきました。

子どもたちも七夕が近付くにつれてワクワクしているようで

あちこちから「たなばたさま」の歌も聞こえるようになってきました。

 

 

さて、当日。

幼児保育室にみんなで集まって、まずは七夕の話を聞きました。

「飾りをつけたこれは何ていう名前かな?」「笹だよ!」

年長さんが手を挙げて自信満々に答えてくれたり、どんな飾りを作ったのか教えてくれたりしました。

「ところでどうして短冊にお願い事を書くのかな?」

保育士のこの問いには首をひねる子どもたち。

 

そこで、保育士による七夕劇が始まりました。

七夕の由来を大切にしながら、子どもたちに伝わるように現代バージョンです。

織姫はお花屋さん、彦星は何とミュージシャン!!

遊んでばかりいた織姫と彦星は、離ればなれにされてしまいますが

それぞれの仕事を頑張り一年に一度七月七日の夜に会えることに。

彦星は何と新曲を2曲も作っていました!

 

最後は彦星のギターに合わせて「たなばたさま」と「キラキラ星」をみんなで歌って

楽しい七夕会は終わりました。

 

 

今年も地域の学校の協力により

玄関や階段にこんなに素敵に短冊や飾りを飾ることが出来ました。

毎年ご協力ありがとうございます。

 

お迎えにいらしたおばあちゃんから、こんなお言葉をいただきました。

「毎年、七夕の飾りを見るととても温かい気持ちになるんです。

子どもたちのお願いは可愛くて夢がありますよね。」

 

本当にそう思います。子どもたち一人ひとりの願いが叶いますように。

子どもたちの夢を一緒に育みながら、日々の保育に努めてまいりたいと

職員一同強く思わされた今年の七夕会でした。

 

 

author:nijinohana, category:園内行事, 19:00
-, -, -